自然の恵み工房

ご挨拶

生命力を高めて健康の悩みがない、
幸せな毎日をあなたにお届けします

shibayamaちえの輪卵油のサイトをご訪問いただき、ありがとうございます。

■健康な人がうらやましかった

卵油と出会っていなかったら、今頃私はどうなっていただろうか? ふと考えることがあります。いつもたどり着くのは、たぶん生きていることはなかったのでは、という答えです。それほど身体が弱く、医者にも「長生きはできない」と言われていました。

子どもの頃は、友達が野球やサッカーをしたり、遊んでいるのをうらやましく思いながら眺めているだけでした。医者や薬は何でも治してくれると信じて、ずっと医者通いをしていましたが、一向に健康にはなりませんでした。

病気を治すことと、健康になるということは、本来全く別なことだということにその頃は気がつかなかったのです。

■最初は半信半疑だった卵油との出会い

そんな私に希望の光が見えてきたのは、「卵油(らんゆ)」との出会いです。何をしてもダメだった体調が徐々に改善され始めた感動は今でも忘れられません。最初は、愛用者たちのビックリするような体験談を聞いて、こんなに素朴なものがそんなに凄いのかと半信半疑でしたが、「論より証拠」だと思って飲み始めました。

体調の変化を感じたのは3年目です。花粉症や偏頭痛などの症状が少しずつ良くなりはじめ、身長168cmで体重が45kg、胃腸が弱くガリガリに痩せていたのが、体力も付いてきました。アトピー肌も驚くほどきれいになって、生まれて初めて年齢より若く見られるようになったのです。

身をもって卵油の力を体験し、「生まれながらの体質だって、こんなに改善できる!」と感動した私は、笑顔の輪を広げたいと願って卵油作り方教室を創設し、講師として作り方も体験指導を始めました。それと同時に、もっと良い卵油を作るにはどうしたらよいかと研究を始めました。

■試行錯誤を繰り返してもっといい卵油を

そして卵油を研究し、詳しく知れば知るほど、もっといい卵油ができるはずだと確信するようになったのです。非常に気になっていたのは、実際に文献に出てくるほどの力が、どうも現代の卵油にはないのではないかということです。

考えられる理由は原料となる卵と製法の違いです。卵油作り方教室を創設し20年以上にわたって、全国各地の卵で卵油作りを実践してきてわかったのは、卵の違いで味もニオイも品質も大きく異なるということ。さらに、同じ卵で作っても白身が混ざったりムラの多い作り方では、味もニオイも違うものになって、いい卵油ができないということでした。

さまざまな試行錯誤を繰り返し、まずは伝統の卵油を作るのにふさわしい原料探しを続けました。そしてついに沖縄で他にはない平飼い自然卵に出会いました。その卵を使って伝統の製法できちんと作った卵油を飲んでみると、期待以上の結果を得ることができたのです。

どうしても良くならなかった長年の悩みや体質もすっかり改善され、生まれて初めて本当の健康を手に入れることができました。

■沖縄の原料で価値ある卵油をお届けします

生まれつき不足していた私の生命力を補ってくれたのが、沖縄で出会った平飼い自然卵の生命力、それを育む奇跡の自然環境そのものの生命力だったのです。これが、本物の健康を手に入れるために探していた答えでした。東洋医学の「同位同食」の考え方に通じていたのです。

この感激を多くの人に体験していただきたいと、平飼い自然卵で作った卵油を伝統の製法で丁寧に手作りして製品化したのが「ちえの輪卵油」です。より良い卵油作りへの取り組みが実を結び、結果として文献の卵油を再現することができました。

価値ある製品をお届けし、皆さまが健康な毎日を送るためのお手伝いできることに、大きな喜びを感じています。

有限会社 自然の恵み工房代表
57歳、神奈川県横浜市在住

柴山弘文

自然の恵み工房
お電話でのお問い合わせ・ご注文は
フリーダイヤル 0120-369-923
平日9:00~17:00(土日祝休み)