自然の恵み工房

卵油とは

生命力あふれる卵油で心から笑顔に!
ーちえの輪卵油誕生物語ー

■大奥でも使われていた? 卵油の歴史は400年以上!

卵の黄身を真っ黒になるまで炒り続けると、ほんの少しだけエキスが採れます。これが卵油(らんゆ)です。

その歴史は400年以上。「本草綱目」(1596年頃刊行された中国や日本の伝統的な薬物学、和漢薬を記した中国の書物)にも、卵油の利用法が書いてあります。大奥でも秘伝の「卵の精」として使われていたとか。

大正14年に発刊された大ベストセラー「家庭における実際的看護の秘訣(通称赤本)」に載ったことで、広く知られるようになりました。しかし、西洋薬が一般的になりはじめると、そんなものは「迷信」だと言われた時代もありました。

その後に、鍼灸などの東洋医学の効用が科学的に証明されて注目を集めるようになると、他の民間療法と一緒に、長い歴史があってたくさんの体験談や実例がある卵油の力に、再び注目が集まり始めたのです。

■最初は半信半疑だった卵油との出会いで救われた

子供の頃から身体が弱く、医者からも長生きできないと言われていた柴山弘文(自然の恵み工房代表)。医者や薬は何でも治してくれると信じていました。ところが、ただ医者の言うことを聞いているだけ自分から何もしなかったので、なかなか健康にはなりません。心配した両親は、少しでも元気になるために体質を変えようと、薬以外のいろいろな健康法を試しました。これもなかなか上手くいきませんでした。自分の健康は自分で守る、という考えがこの頃の柴山にはまだなかったのです。

大人になったら健康に関わる仕事がしたいといつも考えていたので、漢方を扱う老舗の会社で健康食品作りもしました。そこで体験したのは、自然なもので健康になりたいという気持ちと矛盾した健康食品とは名ばかりの薬品でできたサプリメント作りでした。この時、ちゃんと勉強をして自分の身体を守らないと、知らない間に薬漬けになってしまうという恐怖が襲ってきました。世の中の裏側を見たようで、挫折感さえ感じたのです。

人生の大きな転換点になったのは、卵油との出会いでした。最初は、愛用者たちのビックリするような体験談を聞いて、こんなに素朴なものがそんなに凄いのかと半信半疑でした。それでも「論より証拠」だと思って飲み始めました。今まで感じたことがないくらいに体調が良くなったと感じたのは3年目です。身長168cmで体重が45kg、胃腸が弱くガリガリに痩せていたのが、体力も付いてきました。肌も驚くほどきれいになって、生まれて初めて年齢よりも若く見られるようになったのです。

自然の恵み工房
お電話でのお問い合わせ・ご注文は
フリーダイヤル 0120-369-923
平日9:00~17:00(土日祝休み)